カーエアコンの修理費用|どこで頼む?

カーエアコンの修理費用|どこで頼む?

送り迎えはもちろん、買い物から旅行などの長距離までこなしてくれる自動車。

私達が車内に滞在する時間は、意外と長いものです。

快適な運転や移動に欠かせないのが空調ですが、寒い時は暖かく、暑い時には涼しくしてくれる優れもの。

暖かくする場合は、エンジンが発する熱を利用して暖房します。

夏場など車内を涼しくする場合はエアコンを稼働し、涼しい冷気を吹き出してくれます。

今回はこの非常に便利なカーエアコンの修理費用について説明していきます。

 

車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。>>一括査定の体験談

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

カーエアコンの修理費用は?

  • 故障する箇所によって修理費用が変わってくる(一般的にガス漏れかコンプレッサーの故障が考えられる)
  • ガス漏れであれば、補充のみで2,000~5,000円前後。配管の交換が必要な場合、費用は10,000~30,000円前後
  • コンプレッサーが故障している場合、交換となることが多い。交換費用が50,000~100,000円前後
  • 車種によって幅があるため、事前の見積もりを依頼しましょう

カーエアコンの故障はガス漏れとコンプレッサーの2つにおおよそ分けられます。

ガス漏れの場合、どこから漏れが発生しているかによって修理金額が変わってきます。

配管の一部分にはゴム製の配管が用いられています。

このゴム製の配管が劣化により、ヒビ割れや穴あきが発生します。

ごくわずかなヒビ割れであれば、急激にガスが漏れることはありませんので、ガスの補充で済みます。

この場合、2,000~5,000円程度で済みます。

これがヒビ割れが大きくなってくると補充してもすぐにガスがなくなります。

この場合は配管の交換が必要です。

といってもガス自体無臭で、可視できるものではないので探すのは非常に難しいものです。

作業時間が長くなりますので、おおよそ10,000~30,000円になるかと思います。

また、車種によって幅があります。

 

ゴム製の部品以外に金属製の配管やコンデンサー、エバポレーターといった部品が腐食等で漏れが発生している場合は、さらに高額となります。

コンプレッサーが故障している場合は、修理というよりも交換となることが多いでしょう。

電磁クラッチの故障であれば軽傷で、部品代20,000~30,000円と工賃で修理可能ですが、本体の故障となると30,000~100,000円と高額になります。

また、リビルト部品を使用するか、新品部品を使うかで大きく変わってきます。

カーエアコンが故障した際の症状

  • 冷たい風が出ない

これは簡単です。

「冷たい風が出ない」という症状が大半だと思います。

何らかの理由により冷凍サイクルが成立していない場合、エバポレーターが冷えないため、いくら風量のダイアルを最大にしても冷たい風は出ません。

カーエアコンの故障で最も多いのが、ガス漏れです。

冷媒は大気圧では気体です。

冷凍サイクルを構成する部品は「コンプレッサー」、「コンデンサー」、「サイトグラス」、「エキスパンションバルブ」、「エバポレーター」、「配管」です。

サイトグラスとは乾燥剤や汚れを濾す(こす)ストレーナーを併せ持つ、冷媒の状況を確認するガラス窓がついている部品です。

この冷凍サイクルを構成する部品のどこからか、冷媒が漏れると冷凍サイクルが崩れるため冷えが悪かったりひどい場合、全く冷えなくなります。

漏れの次に多いのがコンプレッサーの故障です。

コンプレッサーが故障すると冷媒を圧縮することができなくなるため、エアコンが効かなくなります。

コンプレッサーの内部は複雑なため、ここでは説明を割愛させていただきますがコンプレッサー内部の故障と、電磁クラッチという部品の故障に分けられます。

どこで修理できる?

  • ディーラーや民間の整備工場で依頼できる(電話などで問い合わせてみましょう)

ディーラーや民間工場で受け付けてもらうことができます。

また、カーエアコンの部品販売や修理を専門としている店舗もあります。

いずれの場合も、まずは電話などで問い合わせてみるといいでしょう。

非常に快適な車内空間を支えるエアコンですが、故障で使えなくなると非常に不快なものとなってしまいます。

少しでも「冷えが悪い」と感じる場合は、早めに点検してもらうことをおすすめします。

また、電磁クラッチをいたわるためにもエンジン高回転時のエアコンスイッチの操作は避けましょう。

カーエアコンとは?

自動車の空調は、暖房する際はエンジンからの熱を使用して暖房します。

エンジンはガソリンを燃焼して動力を得ていますが、動力の他にも膨大な熱を発しています。

これを冷却水によって冷やしているのですが、この温められた冷却水をヒーターコアというラジエーターに似た部品に通してそこから熱を回収しています。

逆に室内を冷やす場合は、冷媒という物を使ったエアコンを使用します。

冷媒とは科学的に安定しており、人体に無害な物質です。

しかし一時期ニュースになったように、オゾン層を著しく破壊することがわかり、大気解放することが禁止されました。

この冷媒をコンプレッサーという部品で高圧に圧縮します。

すると冷媒は高温・高圧な気体に変化します。

この気体をコンデンサーというラジエーターのような部品で冷却します。

高温・高圧な冷媒はコンデンサーにより冷却され、低温・高圧な液体となります。

この液体をエキスパンションバルブという部品に通すことにより、低温・低圧の期待に変化させます。

エキスパンションバルブという部品は別名「拡張弁」と言われており、高圧な液体を急激に減圧させることにより、低圧な液体へと変化させます。

この際、気体はかなり低温となり、この低温な気体をエバポレーターという部品に通します。

エバポレーター自体がかなりの低温となり、ここに外気であったり、室内循環であれば、室内の空気を通してやることにより、涼しい風が吹き出してくるという仕組みです。

冷媒を圧縮したり、減圧したりするこの流れを「冷凍サイクル」といいます。

ちなみに夏場になると道路に水が垂れた跡や、水たまりになっているのを見ますが、これは自動車のエアコン配管や、エバポレーターについた水滴が車両の下に滴下したものです。

水滴がつく理由は、冷たい飲み物のコップが結露するものと同様です。

まとめ

  • カーエアコンの修理費用は故障する箇所によって変わってくる(ガス漏れかコンプレッサーの故障の場合が多い)
  • ガス漏れで補充のみ→費用が2,000~5,000円前後。配管の交換が必要な場合→費用は10,000~30,000円前後
  • コンプレッサーが故障している場合、交換となることが多い→交換費用が50,000~100,000円前後
  • 車種によって幅があるため、事前の見積もりを依頼しましょう
  • コンプレッサーが交換となった場合、費用が高額となることが多く、古い車を所有している方は廃車や買い替えを検討することも多い

快適な車内空間を過ごすためにカーエアコンは必須です。

特に、夏場を前に「冷えが悪い」と感じたら早めに点検を依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました