V37型スカイラインの買取相場|高く売るなら一括査定を活用する

V37型スカイラインの買取相場

画像:ニッサン

フロントグリル中央にインフィニティのエンブレム、そして先代よりもさらに鋭い表情へとモデルチェンジしたV37型スカイライン。

スポーツテイストとフロントマスクの押し出し感を高め、幅広い世代から支持を得ているV37型スカイラインですが、現在買い替えを検討しているのであれば、1つだけ注意することがあります。

それは、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れたはずなのに、相場より安く買いたたかれていたケースも珍しくありません。

特に、多くの人が利用している自動車ディーラーの下取り査定では、安いケースが目立つためおすすめできません。

V37型スカイラインを高く売るためには、複数の買取店で査定見積もりを受けて買取価格を比較することが必須です。

まずは「今、V37型スカイラインを売ったらいくらなのか?」買取相場を調べておきましょう。

>>今すぐ無料一括査定で自分のV37型スカイラインの買取相場を調べたい方はこちら

「下取り」と「買取」の違い

  • 下取り……車を購入する販売店に今乗っている車を売り、次回購入の車の資金に充てること
  • 買取……中古車の買取専門店などに今乗っている車を売り、現金を受け取ること
車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

V37型スカイラインの買取相場

現在、V37型スカイラインがどのくらいの買取相場で取引されているのか確認しておきましょう。

※2019年8月26日現在

※参考データ:ガリバー

※ここでのデータは、買取情報サイトをリサーチしてリストアップしたものです。あくまでも参考価格であり、リアルタイムの買取価格を保証するものではありません。

3年落ちモデルの買取相場

年式カラーグレード走行距離査定時期査定額
平成28年式
(2016年式)
パール350GT
ハイブリッド
タイプSP
3万km2019年7月207.6万円
平成28年式
(2016年式)
パール350GT
ハイブリッド
1万km2019年7月171.3万円
平成28年式
(2016年式)
グレー
350GT
ハイブリッド
タイプSP
4万km2019年7月162.7万円
平成28年式
(2016年式)
350GT
ハイブリッド
タイプSP
3万km2019年7月226.1万円

5年落ちモデルの買取相場

年式カラーグレード走行距離査定時期査定額
平成26年式
(2014年式)
パール200GT-t
タイプP
12万km2019年5月58.4万円
平成26年式
(2014年式)
パール200GT-t
タイプSP
4万km2019年5月173.5万円
平成26年式
(2014年式)
パール200GT-t
タイプSP
5万km2019年5月145.7万円
平成26年式
(2014年式)
パール350GT
ハイブリッド
タイプSP
3万km2019年5月182.4万円

高価買取に期待ができるポイント

買取価格の基準となる走行距離が5万キロ以下、また年式の割には走行距離が少ない車両は高価買取に期待ができます。

ボディカラーは幅広い世代から支持の高いホワイトパールやブラックが人気で、その他のボディカラーより買取価格が高めです。

V37型スカイラインの売却方法を考える

V37型スカイラインの売却方法を考える

画像:ニッサン

一般的に車を売る方法といえば、自動車ディーラーでの下取りとして車を手放している方がほとんではないでしょうか。

しかし、自動車ディーラーの下取り価格の設定は買取店の買取価格と比較すると低い場合がほとんどです。

自動車ディーラーの下取り車両に対する査定額はそもそもの設定額が低いため、担当者が頑張ってくれたとしても高額査定が望めません。

下取りでは決まった査定基準をもとに評価を行うため、仮に査定額がアップすることがあっても新車車両の値引き額と相殺されていることも多く、結果的にトータルで見るとあまりお得でない場合があります。

では、そこで大きな国道沿いなどにある中古車の買取専門店へV37型スカイラインを持ち込んで売却してもいいのですが、各店舗によって「コンパクカーの買取を得意とする買取店」「スポーツカーの買取を得意とする買取店」といった特徴の違いがあります。

つまり同じ車でも、買い取ってもらう買取店によって買取価格の違いが生じるということです。

したがって、V37型スカイラインを売却するのであれば、複数の買取店で査定を受け、それぞれの買取価格を比較する必要があります。

そういった際、ぜひ試していただきたいのが車買取の一括査定です。

一括査定を利用すれば、1度の申し込みで複数の買取店への査定見積もりをネット上から簡単に依頼することが可能です。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

V37型スカイラインを高く売る方法まとめ

高く売る方法のまとめ

  • 自動車ディーラーの下取りよりも買取店の方が高く売れる傾向にある
  • 買取価格に違いが生じやすく複数の買取店での査定が必要

V37型スカイラインを高く売るためには、それぞれの強みをもった複数の買取店で査定を受け比較することが重要です。

また、買取では車両の状態や売却するタイミングによって相場以上の価格となる可能性があります。

一方で、買取相場を知らなければ提示された下取り価格が安いこともわからないため、V37型スカイラインの本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いようです。

一括査定であれば、スカイラインを高価買取している全国の買取店が競合するため、V37型スカイラインの最高額が簡単にわかります。

V37型スカイラインを高く売るために必要なこと。

それは「今、V37型スカイラインを売ったらいくらになるのか?」を知っておくことです。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも一括査定を試してみる価値は十分にあります。

※査定は無料で、必ず売らないといけないといったことはありません。

 

スカイラインを高く売るなら無料一括査定を活用しよう

 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドのパソコン画面

V37型スカイラインを高く売るなら利用者シェア数の多い、かんたん車査定ガイドがおすすめです。

ガリバー、ビッグモーターといった大手買取店同士が競合するのでV37型スカイラインの高価買取に期待ができます。

また、提携している買取店はJADRIに加盟している優良企業のみで厳選されています。

ポイント
V37型スカイラインの買取相場がすぐにわかる

 

45秒で最高額がわかる
※全国のデータから算出

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較のパソコン画面

提携している買取店は全国200社以上のズバット車買取比較

ガリバー、ビッグモーター、カーセブン、カーチスなどの大手買取店や地域に密着した専門店が競合するので高価買取に期待ができます。

また、V37型スカイラインの買取相場が45秒でわかります。

ポイント
利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験

 

入力はカンタン45秒
※累計利用者数150万人以上

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

カーセンサー.net簡単ネット査定のパソコン画面

提携している買取店は全国300社以上。

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴は、ガリバーやビッグモーターといった大手買取店を含めた取扱業者数が業界トップクラスであること。

申し込み後に連絡が来る時間帯を指定することも可能です。

「最初の画面を全て入力してスタート」「任意項目:売却希望時期など」をクリック→「連絡希望時間帯」へ希望時間やメール連絡希望と入力。

※完全にメールのみは不可

ポイント
メールでの査定を希望できる

 

完全無料で最大30社が競合
※査定を依頼する買取店を自分で選択できる
タイトルとURLをコピーしました