車のエアコンの臭い酸っぱい!原因と対処法

車のエアコンの臭い酸っぱい!原因と対処法

自動車の移動中でも快適な車内空間が当たり前のようになっていますが、それはカーエアコンのおかげなのです。

スイッチ一つで暑い時には涼しくしてくれるカーエアコンですが、経年とともに臭いが気になることも…。

今回はカーエアコンの臭いについて説明してきます。

 

車を高く売る方法間違っていませんか?
  • ディーラーの下取り価格の設定はそもそも安い
  • 愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多い
  • 同じ車でも買取店ごとで買取価格の違いが生じやすい

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった全国の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。>>一括査定の体験談

ネット上で買取相場の確認もできるため、下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

▼買取相場がすぐにわかる▼
大きなメリットがある

カーエアコンの臭いの原因は?

  • カーエアコンの酸っぱい臭いは大きく分けて二つの原因が考えられる
  • エアコンフィルターが原因
  • エバポレーターが原因

自動車の空調において、臭いの原因となる箇所はいくつかあります。

まずは、エアコンフィルターです。

エアコンフィルターは外気の汚れを取り除くフィルターですが、ここに汚れが堆積すると臭いの原因となります。

エアコンフィルターが原因の場合、エアコンスイッチのON-OFFを問わずに、外気導入にすると臭いが発生します。

外気導入と内気循環の臭いの有り無しで、臭いの元がエアコンフィルターかどうかの切り分けができます。

もう一つの臭いの原因がはエバポレーターです。

皆さんも、夏場に冷たい飲み物を入れたコップの周りに水滴がたくさんついている様子を見たことがあると思いますが、この現象がエバポレーターにも起きています。

エバポレーターは室内外の空気に触れていますが、この室内外の空気が含んでいる水分がエバポレーターに付着するのです。

この水分が「カビ」の発生源となり、いやぁ~な臭いの原因となります。

エバポレーター自体、空調部品の中にあって日の光が当たらず、空調を停止すれば新鮮な空気が当たらないためカビにとっては恰好の場所です。

カビ以外にも車内での喫煙によりタバコの臭いがするなどあります。

カーエアコンの仕組み

カーエアコンがどのような仕組みなのかを軽く説明します。

エアコンは冷たい風を吹き出すために空気を冷やしますが、冷やすためには冷熱源(冷たくなるもの)が必要になります。

この冷熱源がエバポレーターという部品です。

自動車の冷却装置であるラジエーターのような部品で、ラジエーターは内部の高温の液体を空気で冷やします。

このエバポレーターという部品は内部でごく低温の気体が流れており、この部品に外気や室内循環であれば車内の空気を通すことによって冷やしています。

カーエアコンの臭いの対処法

  • エアコンフィルターが原因の場合→フィルターの清掃や交換
  • エバポレーターが原因の場合→市販の洗浄剤等を使用することで解消する場合もある
  • 市販されている洗浄剤を活用したり、専門の業者に依頼する(カーエアコンを分解し徹底的に洗浄するため高額となる場合もある)
  • ディーラーや部品量販店でも簡易的な施工方法で請け負っている場合もあるので、まずは問い合わせてみましょう

エアコンの臭いの原因は大きく分けて二つあり、エアコンフィルターとエバポレーターです。

原因がエアコンフィルターの場合、清掃や交換で改善する場合があります。

2年以上同じエアコンフィルターを使用している場合は、交換することをお勧めします。

2年未満の場合、使用環境によっては臭いがしてくる場合もあります。

エアブローによって清掃するだけでも改善することがあります。

次にエバポレーターが原因の場合、市販の洗浄剤等を使用することで解消する場合があります。

市販されている洗浄剤にもさまざまな物が販売されており、吹き出し口から吹き付けるものやエアコンフィルター取り付け部から吹き付けるもの等があります。

おおよそ5,000円以下で購入できるものが多く、施工もそこまで難易度も高くないため気軽に行うことができます。

このほかにもカーエアコン専門店でエバポレーターを高圧洗浄したり、カーエアコンを分解し徹底的に洗浄してもらうこともできます。

分解の場合、工賃も高くなるため、数万円かかる場合もあります。

ご自身で市販の洗浄剤を使用する場合は必ず説明書を確認のうえ行うようにしてください。

また、施工後の換気もお忘れなく。

まとめ

  • カーエアコンの酸っぱい匂いの原因は、エアコンフィルターとエバポレーターが考えられる
  • エアコンフィルターが原因の場合→フィルターの清掃や交換
  • エバポレーターが原因の場合→市販の洗浄剤等を使用することで解消する場合もある
  • 自分でするのが面倒な場合は、ディーラーや部品量販店で簡易的な施工を請け負っていることもあるので、まずは問い合わせてみましょう

毎日乗る自動車の場合、意外と「臭い」に気がつかなかったりするものです。

「同乗者から指摘され恥ずかしい思いをした…」とならないように、エアコンを使用する頻度が上がる夏場の前やシーズン後に、上記の対処方を行うことで、快適な車内空間を確保できるでしょう。

また、メージャーな方法ですが、その日最後に車を降りる前に窓を全開にして「エアコンOFF・内気循環・設定温度最高・風量最大」で数分放置するだけでもカビの発生を抑えることができます。

タイトルとURLをコピーしました